ブルーノートへボカンテのライブを見に行ってきました。

















前回ブルーノートで見たゴースト・ノートもスナーキー・パピーのメンバーが主体でしたが、ボカンテもスナーキー・パピーのマイケル・リーグが中心となっているユニットで、スティールを含めたギター×4、パーカッション×3、そしてベースとボーカルの編成でした。

















特にパーカッションは絶妙なバランスで、スティングのツアーメンバーのジェイミー・ハダド、スナーキー・パピーのメンバーの小川慶太、今回1番見たかったアンドレー・フェラーリのプレイに目が釘付けでした。


















アフリカやカリブなどのワールドミュージックにブルースやロックが混ざり合っている独特な世界と、クレオール語で歌う素晴らしいボーカルにどんどん引き込まれていく最高なライブでした。










マイケル・リーグ(g・vo)


マリカ・ティロリエン(vo)


クリス・マックイーン(g・vo)


ボブ・ランゼッティ(g)


ルーズベルト・コリアー(lap steel g)


ルイス・ケイトー(b・vo)


ジェイミー・ハダド(per)


小川慶太(per)


アンドレー・フェラーリ(per)



























BW MUSiC ホームページはこちら。

https://bwmusic-piano.com/ 












Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM