最近、心地よい音でいいなぁと思っている楽器がハンドパン(ハングドラム)です。








2000年に開発された新しい楽器ですが、スチールパンと原理は同じです。




























BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/








数学で習った円周率と言えば3.1415926…と永遠に続く数字ですが、今日はこの円周率から作った曲を紹介したいと思います。










 デヴィッド・マクドナルド作曲  「Song from π!」







円周率を覚える為に作った曲だそうですが、数字と音楽の関係は面白いですね。








BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 





















今日はインド音楽とフラメンコを融合したバンド「インディアルシア」を紹介したいと思います。









フラメンコギター、シタール、タブラ、カホンなどの打楽器やピアノ、歌唱、ダンスなど組み合わせて演奏していますが、とてもカッコイイです。











「Bulerias」











「rumba」







最後はショパンのワルツのフラメンコバージョン。












ショパン作曲    「ワルツ op64-2 」












BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 


















疲れがたまってきた時は、科学的に証明されている癒しの曲でリラックスできたらいいですね。











「Weightless」  マルコニ・ユニオン







この曲はマルコニ・ユニオンがイギリス音楽療法学会と合同で制作した曲で、2011年にマインドラボ研究機関によって、心拍数・血圧・コルチゾール(ストレスホルモン)を下げる効果があることが科学的に証明されているそうです。











「Watermark」  エンヤ







確かにドライブ中にエンヤを聴くとほぼ全員寝ていますね。









BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 










少し時間ができたのでパワースポットで有名な穂高神社へ寄ってみました。















境内に入ると空気が変わるのがわかります。







参拝した後はとてもスッキリして身体も軽くなった事に気づきました。







いつもながら不思議です。







今度行った時はゆっくりと過ごしたい神社です。








BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 









昨日はサンテラスホールで行われた「アジアフレンズ 〜5人のギタリスト〜」を見に行きました。







台湾、香港、中国、日本を代表するギタリストの貴重な演奏を聴くことができました。










 「 IF 」   董運昌 (ドン・ウンチャン)











「上海之夜」   曹思義/Seven (セブン)











 「 Scorpio 」   楊楚驍 (ヤン・チュシャオ)











「糸」   仲内 拓磨











「トトラの島」   岡崎 倫典








特にアンコールで曹思義と演奏した「トトラの島」のデュオは、それぞれの深い世界観が合わさった“音のオーラ”に包まれた素晴らしい演奏でした。









BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 















モモカフェの頃から大好きなお店「フルール ドゥ ペシェ モモカ」で久しぶりにランチをしました。












前菜は、自家製のカラスミと地元野菜のサラダです。













メインは鶏のローストにレモンを絞っていただきました。







2種類の自家製パンもとても美味しかったです。













デザートは大好きなクリームブリュレにしました。






ほうじ茶のクリームブリュレの上にラム酒風味のチョコアイスが添えてあります。







夜は料理に合うワインを飲みながらゆっくり過ごせるオススメのお店です。









BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 


















昨日は「スタインウェイを弾こう!春のピアノコンサート」がありました。






参加費が無料のとても良心的なコンサートで、年齢層も幅広く大勢の方が参加されていました。






教室からも2名の生徒さんが参加しましたが、今まで参加したコンサートではベーゼンドルファーを弾く事が多かったので、まさにスタインウェイを弾く経験ができてとても良かったと思います。







色々なコンサートに参加されている他県の方とお話した時に「長野県はアマチュアの人が気軽に参加できるコンサートが多くて本当に羨ましい」とおっしゃっていたので、この恵まれた環境を生かして、生徒さんたちがステージで弾く機会を増やしていけたらと思います。
















BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 














今日はナチュラリズムと呼ばれる音楽のジャンルを紹介したいと思います。







元祖はエリック・サティと言うと想像がつくと思いますが、室内楽が源流となっていて他と比べてもクラシック色が濃く、ポスト・クラシカルとも呼ばれています。







その中でも巨匠と言われているのがイタリアの作曲家、ルドヴィコ・エイナウディです。










「北極に捧げるエレジー」






このPVは実際に北極海で撮影されたそうです。










「nuvole bianche」






映像も素敵なので見ているだけで癒されます。









BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 









ピアノを趣味として習うだけでなくもっと楽しもう!という事で、個人でコレクションする事は難しい世界のピアノを生徒さんと弾きに行く計画をしています。






今年はドイツで作られているザイラーというピアノを弾く予定です。














場所は諏訪市にある古民家を改装したとても素敵なホールです。







音ギャラリー  「風雅」

http://fuga-hall.sakura.ne.jp/







日程は決まり次第お伝えしますので、参加したい生徒さんは弾きたい曲をリストアップしておいてくださいね!








BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 








今日は私も欲しいアップライトピアノをグランドピアノのタッチと響きに変える「グランフィール」を紹介したいと思います。







鹿児島県薩摩川内市の藤井ピアノサービスが開発した「グランフィール」は、アップライトピアノに取り付けると、コンサートグランドピアノのような幅広い音色を得られる仕組みです。














そしてグランフィールピアノも魅力的です。













県内で取付けができるのは松本市オグチ楽器です。








BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 














グランドピアノで練習したい!周りに気を使わずに弾きたい!と思った時は、練習ができる施設がオススメです。





そこで、お手軽に借りられる施設を紹介したいと思います。






◆長野市  もんぜんぷら座



【ぷら座ホール】   1時間  400円 


 グランドピアノ   1時間  100円



http://www.monzen-plaza.com/use/index.html







◆長野市  市民芸術館



【音楽練習室】   9:00〜12:00   1,300円  /  13:00〜17:00   2,000円


 ヤマハグランドピアノ  1,000円



https://www.nagano-arts.or.jp/utilization_calendar/







◆坂城町  坂城勤労者福祉センター



【音楽室】   通常 1時間  500円  /  夏・冬期  1時間  600円


 スタインウェイアップライトピアノ  1時間  200円



https://koushoku.zenpuku.or.jp/center/guide?id=






◆上田市   サントミューゼ



【スタジオ2】  2時間  400円   

  

 アップライトピアノ  1,000円


 冷暖房費  1時間  210円



https://www.santomyuze.com/facility/







◆佐久市  なんだ館



【メインホール】  2時間  1,080円


 ヤマハグランドピアノ  無料



https://www.slow-style.com/detail/863/index.html







◆佐久穂町    メリアホール



【ホールステージ】  9:00〜12:00  800円  /  13:00〜17:00  1,000円


 スタインベルクグランドピアノ   無料


*町民以外の利用は料金2倍



https://www.town.sakuho.nagano.jp/shisetsu/moraikan.html









BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 












アニメ「ピアノの森」が4月8日からNHKでスタートしますね。





映画ではアシュケナージがピアノ演奏を担当しましたが、TV版でのピアニストもとても豪華です。






反田恭平  (阿字野壮介)


睫變鞠  (雨宮修平)


牛牛  (パン・ウェイ)


シモン・ネーリング  (レフ・シマノフスキ)


ジュリエット・ジョルノー  (ソフィ・オルメッソン)


小学生時代(一ノ瀬 海、雨宮修平、丸山誉子)
上原心音   大山桃暖   佐原冠   馬場彩乃











演奏シーンにこだわっているそうなので、とても楽しみですね。







「ピアノの森」



森に捨てられたピアノをおもちゃ代りにして育った主人公の一ノ瀬海(イチノセカイ)が、かつて天才ピアニストと呼ばれた阿字野壮介や、偉大なピアニストの父を持つ雨宮修平などとの出会いの中でピアノの才能を開花させていき、やがてショパン・コンクールに挑戦するまでが描かれるクラシック音楽漫画。








映画「ピアノの森」









映画「ピアノの森」より  「Forest of the Piano」







BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 











今日はレッスンの時にも話題になったストレッチについて、オススメの動画を紹介したいと思います。






ピアノ演奏は肩が凝りやすく、肩が硬いと腕や手に力が入って負担がかかるそうです。






演奏しやすい体になるためには、、

























演奏した後など腕が痛い時のストレッチの方法です。













肩ストレッチのやり方など、詳しくはミュージシャンボディトレーナー 進藤浩子さんのホームページをご覧ください。


http://www.music-body.com/










BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 








  • 2018.03.04 Sunday

3月に入り寒さも和らいで暖かい日が続くようになってきましたね。





そこで今日は春にちなんだピアノ曲を紹介したいと思います。









メンデルスゾーン作曲   無言歌集より 「春の歌」 op62-6









シューマン作曲  「花の曲」 op19









シンディング作曲  「春のささやき」 op32-3







BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 






今日は3月に来日公演があるロシアのピアニスト、コンスタンチン・リフシッツを紹介したいと思います。





5歳で名門グネーシン特別音楽学校に入学、17歳の時に初めて録音した「ゴルトベルク変奏曲」がグラミー賞にノミネートされるなど、現代最高のバッハ弾きとして、世界中で高い評価を受けています。








バッハ作曲  「平均律クラヴィア曲集 第1巻 第3番 嬰ハ長調 BWV.848」








バッハ作曲 「パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825」







BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 







今日は3月に来日公演があるイタリア出身のピアニスト、クリスチャン・レオッタを紹介したいと思います。





2002年に22歳という若さでベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を披露するという偉業を成し遂げています。





「全曲演奏はダンテの長編叙事詩『神曲』と向き合うときのような気構えが必要。作品の完成度も、ミケランジェロのフレスコ画『最後の審判』に匹敵する」と語る全曲演奏会を、2015〜2016年にかけて日本でも行っています。








ベートーヴェン作曲  「ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 op2」








ベートーヴェン作曲  「ピアノ・ソナタ 第10番 ト長調 op14」








ベートーヴェン作曲   「ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 op109」






BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/







今日は3月に来日公演があるポーランド出身のピアニスト、ラファウ・ブレハッチを紹介したいと思います。






ラファウ・ブレハッチは2005年のショパン国際ピアノコンクールで優勝(2位なし)、併せてマズルカ賞、ポロネーズ賞、コンチェルト賞、ソナタ賞も受賞したショパンの達人です。






2003年に浜松国際ピアノコンクールで初めて国際コンクールに参加するまで、自宅のピアノはアップライトだったそうで、入賞賞金で初めてグランドピアノを購入したという逸話が残っています。





2014年にはギルモア・アーティスト賞も受賞しています。








ショパン作曲  「軍隊ポロネーズ」








ドビュッシー作曲   ベルガマスク組曲「月の光」








バッハ作曲  「イタリア協奏曲 第一楽章」







BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 







今日は3月に来日公演があるポーランド出身のピアニスト、ピョートル・アンデルシェフスキを紹介したいと思います。






ピアノのノーベル賞と言われているギルモア・アーティスト賞など、いくつもの名誉ある賞を受賞しているピアニストです。






ちなみに「ギルモア・アーティスト賞」とは、






アメリカのギルモア財団が運営し、非公表の6人の審査委員が世界で演奏活動をしている何百人もの候補者の中から絞り込んだピアニストの演奏をお忍びで聴きに行き(候補者も選考対象になっている事を知らされません)4年に一度、音楽活動に貢献したコンサート・ピアニストに贈られる賞です。






ギルモア賞の賞金30万ドルは、音楽界では最も高額な財政的支援です。









シューマン作曲  「フモレスケ op20」








バッハ作曲  「パルティータ 第2番 ハ短調 BWV.826」






BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 






今日は3月に初来日するイタリア出身のピアニスト、エマニュエル・リモルディを紹介したいと思います。






クロアチア出身のピアニスト、イーヴォ・ポゴレリッチが名誉審査員長を務めた第1回マンハッタン国際音楽コンクールで優勝し、ヨーロッパ各地のホールデビューで熱狂的な支持を得ている注目のピアニストです。








ショパン作曲  「ノクターン 第17番 ロ長調 op62-1」 








シューマン作曲  「ダヴィッド同盟舞曲集 op6」







BW MUSiC ホームページはこちら。

http://bwmusic-piano.com/ 







Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM